お腹の張りもPMS治療

生理前のお腹の張りはPMS治療で改善

PMS治療で生理前のお腹の張りを改善

女性として生まれた以上、長い間生理と付き合っていかなければなりません。私が一番不快に感じていること。それは、なぜか生理の前になるとお腹が張ってしまうことです。おならがたくさん出るので、仕事中も何だか落ち着きませんし、集中して仕事に取り組むこともできません。

これからも、毎月こんな思いをしながら暮らしていかなければならないのかと思ったら、とても不安になってしまいました。そこで、どうして生理前になるとおならがたくさん出るのか調べてみたのです。すると、思いがけない理由が分かりました。一見全く関係ないように見える生理とおならですが、実はそこにはホルモンが関係していたのです。

排卵が起こると、黄体ホルモンであるプロゲステロンの分泌量も増加します。その為、体内に貯め込みやすい状態になります。いつも以上に食べたくなったり、水分や栄養素などを溜め込みやすい状態になる為、太りやすく痩せにくくなったり、むくみが現れたりするのです。この時期にダイエットを始めると成功しにくいと言われるのもこういったことが理由です。

生理前の便秘やお腹の張り。また、下腹部痛やだるさ、めまい、動悸、胸の張り、精神的な不調などは、PMS(生理月経前症候群)と呼ばれるものです。多くの女性がPMSで悩んでいるとのこと。なんと8割近くの方が生理前に何らかの不調を感じているのだそうです。PMSを病院で診てもらうこともできますので、気になっている方は一度受診する方が良いかもしれません。

プロゲステロンの分泌量増加により食欲がアップして食べる量が多くなるのに、プロゲステロンは腸の全どう運動を下げてしまう為、消化機能が低下。その為、便秘しやすくなるのです。お腹が張ったり、おならが出やすくなると感じたりするのもこれが理由とのこと。老廃物が腸に長く留まる為、悪玉菌が増え臭いおならが生み出されるようになります。

また、子宮や卵巣に水分や栄養が蓄えられる為、いつも以上に子宮や卵巣が膨らむことに。これによって腸が圧迫されてしまうことも、お腹の張りをもたらす原因になっています。

このように、便秘やおならなど生理前の不快な症状を改善する為には、女性ホルモンのバランスの乱れを改善することが大事。 食事に気をつけたり、ストレッチやマッサージを行ったりするなどの方法もあるとのこと。特に、バナナはお勧めの食材とのこと。バナナには、食物繊維が豊富に含まれていますし、マグネシウムやカリウムもたっぷり。これらには、むくみの改善が期待できます。

また、トリプトファンやビタミンB6も含まれているので、体内でセロトニンも作ることが可能。セロトニンが生成されれば心の安定に繋がりますし、食べた時にちゃんと満足感が得られるようになるので食べ過ぎ防止にも役立つのだそうです。

私は、美容や健康のことも気になるので食事内容を見直すことにしました。そして、病院で治療を受けることにしました。それは、自分の現在の不快な症状が本当にPMSであるかどうかはっきりさせたかったという理由もあります。もしかしたら、別の病気が隠れている可能性もないわけではありません。

それに、PMSであった場合、そのまま放置しておくと悪化させてしまうとも聞きましたので不安に感じたのも正直なところです。PMSは、20代よりも30代になってから症状が強く出やすいとも言われています。こういった理由から、私は病院での治療を選びました。これから結婚出産もしたいと考えています。今のうちに、安心して生理を迎えられる体づくりをしたいです。

style="color:#000;fint-size:20px;">PMS治療についてはこちら 医療機関で行う専門的なPMS治療〜症状が中程度〜重めの方に PMS治療をお考えの方はこちらのサイトがおすすめです

Copyright © 生理前のお腹の張りはPMS治療で改善 All rights reserved